1) 日本列島の誕生


“行基図”の出現

   日本における地図の歴史は結構古い。646(大化2)年には、地図作製を命じた詔が出されたとの記録がある。それらを基に、全国図が編纂されたかどうか定かではない。
  その後、僧行基(668〜745)が作成したと伝承されている、いわゆる“行基図”は、その起源を14世紀初頭まで遡るそうである。そして、この系譜に属する日本図は、江戸時代まで使用されていた。
  各地の国は、まるで団子のようで、隣国との関係を保ちつつ連結され、全体としては、何となく日本列島を実感させられる形が表現されている。
  古拙ながら、何とも味わいの深い日本列島である。 また、周辺の書き込みからは沢山の物語が紡ぎ出されてくるのも面白い。

   下の地図は、“行基菩薩説大日本国図”(復刻版/復刻者不明)の主要部分で、原図は縦型であるが、ここでは、他の日本列島図と比較するため、右に90度傾け、北が上になるように掲載している。
 




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ