2) 西欧の地図にも日本列島


アジアの東隅に“IAPAN”

   西欧社会に、日本が知られるようになったのは、第1回企画展でもご紹介したように、マルコ・ポーロの「東方見聞録」(1298年)のお陰であろう。その後、フラ・マウロ(Fra Mauro)の世界図に日本らしい島が出現したのが、地図上の初出だそうである。1543年、ポルトガル人が種子島に漂着して以来、西欧社会にも日本国に関する情報が蓄積されていった。

   下の地図は、ミュンスター(Sebastian Munster,1489〜1552)が、1555年に出版したアジア図の一部である。中国の山東(XANTON)東方海上に“IAPAN”が描かれている。京(Meaco)や豊後(Bungo)のある一寸変な本州があり、鹿児島(Congoxuma)のある九州島、土佐(TONSA)のある四国島からなる立派な日本列島が出現した。とはいえ、形は、空想の域をあまり出ていない。
   なお、ミュンスターは、ドイツ、バーゼル大学の教授であった。
 




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ