3) ベストセラーにも不思議群島


遙かなる国 IAPANこと“Zipangri”

   前掲ミュンスターのアジア図に遅れること15年、1570年、アントワープ生まれのオルテリウス (Abraham Ortelius,1527〜1598)は、「地球の舞台」という、世界で初めてのアトラス(地図帳)を同地で出版した。以後、40版以上を重ねたという大ベストセラーである。
   オルテリウスは、若い時から地図の着色・販売に携わりながら、地図の収集につとめ、出版家としても成功を納めた。

   下の地図は、第1回企画展でも既にご紹介しているが、この地図帳の中の
“Tartariae Siwe Magni Chami Regni typus”の一部分である。ミュンスターの本州に比べるとやや横になりすぎた感じではあるが、全体として進化したことも間違いない。以後、多くの地図制作者にコピーされた。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ