5) 画期的な日本列島


船員と教会からの情報で図化

  1592年2月、オルテリウスは、ポルトガルのイエズス会士テイセラ(Luis Teixeira,1564〜1604)から、手紙と共に日本図を受け取った。テイセラは、スペイン王室の地図製作者であり、イエズス会の現地報告のほかにも、ポルトガルの船員から多くの情報を得ていたであろうといわれている。

  下の地図“IAPONIAE INSULAE DESCRIPTO”は、1595年、オルテリウスによって、彼の地図帳「地球の舞台」に加えられたものである。タイトルの下に、ラテン語綴りで、Ludoico Teisera と記し、根拠資料を明示している。この図でも分かるように、北海道・東北地方には問題があるものの、列島全体の形が格段にまとまってきている。特に九州は進歩が著しい。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ