9) 改良された日本列島


さらに進化

   江戸時代も中期になると、日本の情報もかなり西欧に広がっていった。地形についての情報も豊かになったことが想像される。

 下の地図は、第1回の企画展でも一部をご紹介した、ロベール(Gilles Robert
 de Vaugondy,1686〜1766)が、1750年にパリで出版したとされている(この版は、1757年か?)“L' EMPIRE DU JAPON”である。
   この地図では、サンソンなどに比べると、東北地方が南北方向に立ち上がり、より正確になってきた。なぜか、下北半島など秋田は格段によくなってきた。また、朝鮮半島との関係、壱岐・対馬などのバランスもまずまずである。
   科学的な測量などの作業はしていないにもかかわらず、地図は着実に進化してきたのである。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ