10) 浮世絵調の日本国  


歓迎された美しい地図

   江戸時代、幕府は、4回も諸藩に国絵図の制作を命じた。その成果は、民間においても、適宜活用されたそうだ。
   江戸の浮世絵師菱川師宣の弟子石川流宣は、浮世絵の手法を使って美しい日本地図を制作した。1687(貞享4)年の“本朝図鑑網目”をはじめ多くの日本図を世に送り出した。

   下の地図は、流宣の描いた、1691(元禄4)年の“日本海山潮陸図” (復刻版/復刻者不明)の主要部分である。よく見ると、東海地方遙か海上に(図の下方)に、幻の羅列国(女嶋)が残っているから、行基図の面影を色濃く伝えているようである。
   日本列島の形は、官選の“慶長日本図”によっているとされている。しかし、行基図にも似て、東北地方が極端に圧縮され変形している。色彩は明るく奇麗で、しかも、各地の情報満載である。お楽しみ商品・携帯地図としては抜群の出来映えで、江戸時代の中期、長く流通したようだ。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ