11) 還流した日本図


西欧版の地図に漢字の国名

   前掲の石川流宣作日本図も、海外へ流出していたそうである。西欧の地図制作者たちも、浮世絵調の洗練された美しい日本図に驚いたことであろう。
   レランド(Adrien Reland,1676〜1718)は、1715年、流宣図の海岸線と主要な山地をアレンジした日本図を制作した。そして、66の国名(PROVINCE)を漢字で表示し、その下にオランダ語表記で読みをいれた。

   下の地図は、シャトラン(Henri Abraham Chatelain,1684〜1743)の描いた“L’Empire du Japon,…”(主要部)である。上記レランドの日本図をかなり正確に写して制作されたという。1719年、「歴史地図帳」に挿入され、アムステルダムで出版された。流宣作日本図のいわば孫版である。
   国内発の日本列島の形状に、漢字の国名が掲載されたまま、西欧でコピーされて還流というのが面白い。 




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ