13) 近代的な伊能図の完成 


全国測量の成果が結実

   1821(文政4)年、高橋景保のもとで伊能忠敬の門弟たちが完成した“大日本沿海輿地全図”は、画期的な地図であった。伊能忠敬らによる全国実測の成果である。
   この地図には、京都を中心にした経度も記入されていて、これまでにない正確な日本列島の姿が明らかになった。
   伊能忠敬は、1745(延享2)年上総で生まれ、50歳のとき家督を譲って高橋至時のもとに入門し、天文学・暦学・測量術などを学んだ。1800(寛政12) 年から、奥州街道の測量を始め、以後、1816(文化13)年までの足跡は全国に及んだ。

   下の地図は、東京国立博物館所蔵図による“大日本沿海実測図(伊能中図集成日本全図)”伊能小図(武揚堂/1993)の主要部分である。
 




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ