14) 整形が進んだ西欧の地図    


いい地図の普及

   18世紀後半になると、日本近海を航行する外国船も次第に増え、日本の文物も西欧に流出していった。そのようなこともあって、19世紀初頭に制作された日本列島の形はかなり整ってきた。また、オランダを窓口にした交流の結果は地名情報も豊かになった。

   下の地図は、ウォーカー(J.&C.Walker,1820〜1895)が、制作し、1835年、有益知識普及協会の監督のもとにロンドンで出版された“Empire of Japan”に、日本の開港情報などを注記した 1860年ころの改訂版と推定される。
   日本列島の形はかなり整い、何より地名・地形の印刷が鮮明で大変見やすい地図である。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ