15) 日本列島北辺事情


間宮海峡の確認

   伊能忠敬の測量によって、南は九州から北は北海道までの海岸線は、ほぼ正確に把握することができた。
   当時、残された大きな関心事は、カラフト(サハリン)が、半島なのか、島なのかという点であった。伊能から測量術を学んだ間宮林蔵は、カラフト現地調査の結果、シベリアとカラフトを分かつ海峡を発見した。
   そのことは、高橋景保から伊能図とともにシーボルトに伝えられた。帰国したシーボルトは、“日本”(1832〜1858)を出版し、その中で新発見の海峡を間宮海峡と命名し西欧社会に紹介した。

   下の地図は、1846年、ルヴァスール(Victor Levasseur,1838〜1854)の出版した“Empires  CHINOIS et JAPONNAIS et Royme de Lieou-Kieou”の一部分である。いち早く、シーボルト情報が採り入れられたのであろうか。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ