16) 奇妙なイラストの日本


西欧から見たJAPANとCOREA

   シーボルトは、秘図とされていた伊能図を持ち出そうとして発覚、押収されたが、自分で模写したものを密かに持ち出すことに成功されたとされている。その結果、1840年には、伊能図に基づく正確な日本図が、我が国より早く出版されてしまった。
   とはいえ、シーボルトの日本図によって、西欧の日本地図が即刻改訂されたわけではない。また、彼の著書“日本”によって、日本の風俗まで理解したわけではない。

   下の地図は、ラプキン(J.Rapkin)の制作した“JAPAN & COREA”である。日本列島の形は、先のウォーカーの日本国とほとんど同じである。多分同じころ出版されたものであろう。(1851年ころ?)
   それにしても、イラストが面白い。上方の江戸の絵は、誠にまか不思議な雰囲気の街で、兵士は大陸風である。広い国土の想像(推測)と同じくらい、風土・風俗の想像も難しいようである。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ