17) 逆転・日本列島 


たまには視座を変えましょう

   紀元前に活躍したプトレマイオス(Claudius Ptolemy)の描いたであろう地図から、今日の地図まで、そのほとんどは北を上にして表現してきた。もっとも、最近は自動車用ナビゲーションマップの普及で常識も崩れつつあるが…。

   それはそれとして、下の地図は、北九州市に本拠を置く地図会社のゼンリンが、記念品として制作した逆転“日本全図”(1995)の主要部分である。
   驚かされたのは、日本とシベリアは、ほんのお隣さんであるということ。これまで、お隣さんは韓国だけと思い込んでいたのだが、ロシアと2国いたのである。強いカルチャーショックを受けた。
   たまには、視座を変えなさい、ということか。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ