第1回企画展 “「小倉」の出現とまちの形成”


地図上の小倉と北九州地域

 現北九州市の中の小倉、このまちの成立時期はあまり定かでない。集落規模のものは、先史時代にもあった。寺院の設立などから推定して、15世紀には既に小都市が成立していたとする説もある。
 1602(慶長7)年、細川忠興が小倉城を築き城下町を開いた。したがって、本格的な城下町の形成は、17世紀初頭とみるのが一般的である。
 ただ、近年の発掘調査では、細川築城の前に、既に城郭的施設が存在していたことが確認されている。
 では、地図の上では、どのように伝えられてきたのであろうか。当ミュジアムの所蔵地図によって、小倉のまちの出現から、明治24年、おなじみの5万分の1図が完成するまでの間をたどってみる。

 下の地図は、“行基菩薩説大日本国図”いわゆる行基図(復刻版/復刻者不明)の一部分である。別に、僧行基(668〜749)が作ったものではないそうであるが、中世に起源をもち、長い間伝承されてきた。図は、北を左にした九州である。関門海峡の右に、市内の「もじのせき」(文字の関・門司)の地名が見受けられる。左の地名は残念ながら読み取れず。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ