1) 大航海時代の日本 


韃靼東方海上に日本あり

   西欧社会では、1298年、マルコ・ポーロ(Marco Polo,1254〜1324)が、「東方見聞録」で“Zipangri”の存在を伝えて以来、日本への関心が次第に高まったといわれている。
   その後、大航海時代になって、東洋からの情報量も急激に増えたことであろう。
   オルテリウス(Abraham Ortelius,1527〜1598)は、そのような背景の中で、「地球の舞台」という地図帳を出版した。1570年の初版以来40版を重ねたという大ベストセラーである。

   下の地図は、その地図帳に含まれた“韃靼図”(TARIAE SIVE …)の一部分である。1595年ころの出版とみられる。”
   まだ、本州と北部九州は一体であり、豊後(BVNGO,Bungo)が記入されているだけ。豊前の小倉は見あたらず。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ