2) 江戸時代初期の北部九州


西欧の地図にCocura(小倉)

   下の地図は、ブリエ(Philippe Briet,1601〜1668)が制作した日本図(1650?復刻版/復刻者不明)の一部分である。
   小倉(Cocura)をはじめ、下関(Ximonaxequi)、博多(Facata)などの地名を見ることが出来る。
   中世の小倉のまちの状況は定かではないが、1602年、細川忠興が小倉城を築いて以来、本格的な城下町が形成されていたことは間違いない。
   なお、当ミュジアムでは所蔵していないが、西欧の地図に小倉の地名が初めて現れるのは、ブランクス(Christopherus Blancus)の日本図(1617)ではないだろうか。
   いずれにしても、小倉の地名は、築城後、比較的早い時期に国際社会に登場したことになる。
 先年(2002年)、めでたく小倉築城400年を迎えた。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ