3) 江戸時代中期の北九州 


ケンペルの描いた小倉

   ケンペル(Engelbert Kaempfer,1651〜1716)は、ドイツ人で、長崎のオランダ商館付き医師であった。
   1690年に来日、在日中、2回、江戸に行く機会をえた。その時の状況は、「日本旅行記」に詳しい。

   下の地図は、ケンペルが帰国後、1727年にロンドンで出版した、長崎から江戸までの経路図(全4枚)の1枚長崎〜小倉間の一部分である。
   Kokuraは、城下町らしくかなり大きく描かれている。
   現北九州市内でみると、小倉のほかにも、大里(Dairi)、黒崎(Kurosaki)、木屋瀬(Kujanoski)などの宿場、そのほかにもかなりの地名が読み取れる。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ