5) 江戸時代後期の北九州


伊能忠敬の描いた北九州

   伊能忠敬(1745〜1818)が、全国の測量を始めたのは、1800(寛政12)年であった。北九州とその周辺においても、1809年から1810年にかけて、さらに、1811年から1812年にかけて、長崎街道の起点である小倉・常盤橋から現地測量をスタートしている。
   その結果は、1821年、高橋景保(1785〜1829)らによって“大日本沿海実測図”として完成された。これまでにない極めて精度の高い、しかも美しい日本地図であった。
   これらは、幕府によって、秘図として厳重に管理されたため、折角の成果が、幕末まで、社会的に十分に活用されることがなかった。しかし、明治維新後、近代的な地図が出現するまでの間、暫定的に重要な役割を果たすことになった。

   下の地図は、(株)武揚堂が、1993年に、伊能忠敬没後175年を記念して復刻出版した“伊能中図”(縮小1/2,東京国立博物館所蔵)の一部分である。北九州市内でも、小倉をはじめ、江戸時代末期の村名が記入されている。
   また、正確な海岸線のほかにも、地域を結ぶ道路の状況が鮮やかに浮かび上がってくるのも素晴らしい。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ