7) 明治10年ころの北九州


幕末の姿をとどめる軍用地図

   明治10年、西南戦争が起こった。
   この時、乃木希典少佐の率いる小倉の歩兵第14連隊は、熊本城北方の田原坂へ転戦、激戦の結果軍旗を失う。明治維新を締めくくる内戦であった。
   歴史的にみれば、極めて重要な意味を持つ年である。
 
   下の地図は、この年、陸軍参謀局が、とりあえず伊能図を基に編集したとみられる“西海道全図”(1/216,000,復刻版/復刻者不明)の一部である。
   街道・往還などと呼ばれた幹線道路(赤色)や航路、竣工間もない電信線などが表示されている。長崎街道の起点小倉と幹線道路網の状況がよく分かる。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ