8) 明治10年ころの民間


明治初期の旅行者用携帯地図

   明治初期、民間の人たちは、どのような地図を使っていたのであろうか。
  明治10年ころは、軍隊でも、先に見た程度の地図しか持てなかった時代である。
 
   下の地図は、大阪の森琴石(1843〜1921)が編集し、明治10年に刊行した“大日本九州一覧之図”の一部である。ここでは、左が北。
   森琴石は、大阪を中心に活躍した画家で、南画家であり、響泉堂森琴石として銅版画家でもあった。絵画だけでなく地図の制作も手がけた。
   この地図では、地形的特徴もきちんと捉え、幹線的道路は点線で記入されている。地名情報も相当である。折りたたみ式なので、多分旅行には十分事足りたであろう。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ