9) 明治20年ころの小倉


本格測量による最初の地図

   近代国家にとって、国土の正確な情報を把握した地図の存在は欠くことが出来ない。明治維新後、明治4年には早くも工部省によって、東京や京都などの三角測量がはじまった。その後、内務省でも全国の三角測量を企て、関東地方から着手した。陸軍も、西南戦争の教訓から、正確な地図の制作に力を入れた。そして、紆余曲折があり、やっと大正13年、全国の5万分の1地形図が完成したそうである。 
   北九州地域の本格的な測量は、明治20年からと推測される。
 
   下の地図は、明治20年の測量に基づいて、翌21年に製版された、北九州初の5万分の1地形図で、なぜかローマ字表記であった。なお、同じ測量に基づく日本語版は、明治24年の製版で、以後、この地域の5万分の1図の源流となった。
   ここでは、折良く、鉄道建設直前の小倉周辺の状況が描かれていて、この地域の近代化の原点となった姿が見られる。制作は、参謀本部陸軍部測量局。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ